news

archive

about

contact

podcast

基準の技術

LOCAL EARTHQUAKE 森田浩彰

会期:2009年10月3日(土)~17日(土)
開場時間:13:00~19:00
火曜日休廊
レセプション:10月3日(土)18:00〜
主催/会場:KABEGIWA(武蔵野美術大学内2号館305教室) 
入場無料

協力:青山|目黒

森田浩彰は、1973年生まれ.
2002年に英ゴールドスミスカレッジ大学院を修了し、帰国。
その後も着々と制作、発表を続け、2008年には、個展(青山|目黒、東京)の開催、水戸芸術館における「日常の喜び」展に参加し、近年、注目を集めている若手作家の一人です。
日常にありふれた事物を材料やモチーフに、映像、コラージュ、立体、インスタレーションなど、その表現方法は多岐に渡りますが、その作品には、世界に存在する様々な事象を当たり前に享受する人間の認識に対しての疑いの眼差しが通底しています。

森田の初期の作品にエビアンの水がボルヴィックの空のボトルを満たしていく作品があります。
非常に無愛想な外見でありながら、思わず笑いを誘ってしまうこの作品からは、同じ透明な液体であるミネラルウォーターの違いを本当に人は違いとして認識しているのか、ただ、命名されたものを違いと決め込み、安心しているだけではないかという、人の認識に対しての辛辣な疑義と、同時にそんな愚かな人間を暖かく見つめる視点が感じられます。

近年、日常品を素材やモチーフの中心に据えて、制作を行う作家が多い中、森田の、硬質なコンセプトとしなやかでユーモアに富んだ外観を共存させる態度と技術は特異にして貴重であると言わねばなりません。

本展では、既成の照明を使ったインスタレーションの他、アーティストのスタジオである、KABEGIWAの空間を使った新作を展開します。

皆様、お誘い合わせの上、是非とも足をお運び下さい。
宜しくお願い致します。

KABEGIWA 冨井大裕

 

LOCAL EARTHQUAKE会場写真1
Local Earthquake(IQ Light),2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真2
Local Earthquake(IQ Light),2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真3
地震計,2007-2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真4
地震計,2007-2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真5
Just Knocking ,2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真6
Just Knocking ,2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真1
Just Knocking ,2009 (撮影:柳場大)
LOCAL EARTHQUAKE会場写真1
Two Ceilings ,2009 (撮影:柳場大)

森田浩彰

1973 福井県生まれ
2000−2002 ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ大学院MAファインアート修了
1996−1998 Bゼミスクーリングシステム修了

個展

2008 「Clockwise」青山|目黒(東京)
  「DO」名古屋造形大学U8プロジェクトギャラリー(愛知)
2007 「Nine Mirrors」ギャラリー・ツインスペース(大阪)
2005 「ニューオーダー」ギャラリー・オブジェクティブ・コレラティブ(東京)
2004 「森田浩彰」ギャラリー・ツインスペース(大阪)
2003 「U8プロジェクトVol.1」名古屋造形大学U8プロジェクトギャラリー(愛知)

グループ展

2009 「この世界とのつながりかた」ボーダレス・アートミュージアムNO-MA(滋賀)
  「ゲバゲバサマーショウ」MISAKO&ROSEN(東京)
  「オープンスタジオ」恋ヶ窪スタジオ(東京)
  「5×2:壁ぎわ」現代ハイツ・ギャラリーDen(東京)
2008 「日常の喜び」水戸芸術館現代美術センター(茨城)
  「5×5:イタヅ・リトグラフィック工房」万国橋ギャラリー(横浜)
  「The Houseー現代アートの住み心地」六本木日本ホームズ住宅展示場(東京)
  「New Tokyo Contemporaries: End of The Tunnel」新丸の内ビル(東京)
2006 「ロック・イン・リュックサック」東京芸術大学(東京)
  「万物理論」tank.tv (http://www.tank.tv)
  「Everyday Life is a Microcosm」コーネル大学エクスペリメンタルスタジオ(ニューヨーク)
  「CET2006: Vol.0シーンの予感」White House (東京)
2005 「芸術の山キャンプ」ナディッフ(東京)
2004 「混乱ショウ」オカダスタジオ(愛知)
2003 「エラー」ギャラリー・ツインスペース(大阪)
  「エラー」スウィッチポイント(東京)
  「Urban and Suburban Stories」VTOギャラリー(ロンドン)
  「TPRエキシビジョン」名古屋造形芸術大学TPR(名古屋)
  「アンチノミー」ギャラリー・オブジェクティブ・コレラティブ(東京)
2002 「The Red Mansion Spero Prize」ロンドンインスティテュートギャラリー・ミルバンク(ロンドン)
  「Random-Ize Film and Video Festival」SOVIアートセンター(ロンドン)
  「Bottles off the wall」モンペリエ・パブ(ロンドン)
  「ムービング・コレクション」 AITアワーミュージアム(東京)
  「Blond Buy More Peroxide」1000,000 mphプロジェクトスペース(ロンドン)
  「エラー」カノーヴァン(名古屋)
1998 「アートスフィア灰塚‘98作品ホームステイ」灰塚アースワークプロジェクト
(広島)
1997 「エキノコックス」目黒区美術館区民ギャラリー(東京)

ビデオスクリーニング

2008 「万物理論」Cas Zuidas(アムステルダム)
2007 「東方: The Cinema of the Far East」サンテルモ城(ナポリ)
  「万物理論」Process Room, Irish Museum of Modern Art(ダブリン)
2006 「万物理論」ワークステーション・アーツセンター(北京)
  「万物理論」ロケーション・ワン(NY)
  「万物理論」アインシュタイン・オーディトリアム、ニューヨーク大学(NY)

パフォーマンス

2006 「そのとき時計は動いた!」White House (東京)
2003 「Pepsi & Coca-Cola」ギャラリー・オブジェクティブ・コレラティブ(東京)